矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?

矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?

矯正治療には、抜歯をするケースと抜歯をしないケースがあります。
患者の立場からすれば、抜歯せずに矯正治療をして欲しいと思いますよね。

 

しかしながら、矯正治療はケースバイケースです。
抜歯せずに矯正治療が可能であれば、歯科医は抜歯をせずに、矯正治療を行います。
ですが、人によっては、抜歯をしないと歯の矯正が難しいというケースもあります。

 

そしてその場合は、必要だから抜歯をして矯正治療を行う訳です。
矯正治療とは、歯並びを整えるために、矯正器具を用いて、歯を正しい場所に移動させる治療法です。
もし正しい場所に、他の歯があり、全く隙間が存在しなければ、歯を移動させる事は出来ません。

 

ただし、手間がかかるからという理由で、安易に抜歯をするケースは避けたいところです。
また抜歯をせずに、スペースを確保する方法もあります。
歯を前方や外側に移動させる事で、歯列全体を広げる方法、歯を抜かずに少し削って細くする方法などです。
ですが無理にスペースを作るために、出っ歯になるなどのデメリットがあります。

 

矯正治療の技術が高いと評判の歯科医院です。http://www.noah-dental.com/

 

そのため、矯正治療は歯科医によって、治療内容が変わってくるため、セカンドオピニオンで複数の歯科医の意見を聞く事をお勧めします。

 

そして複数の歯科医が、やはり矯正治療に抜歯が必要と判断したら、歯並びを整えるために抜歯はしてもらうべきです。
特にライフスタイルの変化により、顎が小さい人が増えています。
つまりスペースがないのに、歯が生えてきた事により、歯並びが悪くなっている状態です。
だからその場合は、抜歯はやむを得ないと言えるでしょう。

関連ページ

矯正治療にかかる費用と期間
矯正治療にかかる費用と期間
矯正歯科の選び方は?
矯正歯科の選び方は?
矯正治療の痛みと対処法について
矯正治療の痛みと対処法について
矯正治療中の虫歯予防について
矯正治療中の虫歯予防について
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療の流れについて
矯正治療の流れについて

このページの先頭へ戻る