歯列矯正を受ける前に

歯列矯正を受ける前に記事一覧

普通の歯医者とは何が違うの?

歯並びをきれいにするには歯列矯正が必要です。歯列矯正では歯並びが乱れている歯をワイヤーなどで固定して、本来生えるべき場所に歯並びを半ば無理やり動かさなければなりませんが、歯列矯正は一般的な歯医者で受ける以外にも、矯正歯科という専門の歯医者で受けることもできます。普段生活していても、矯正歯科を利用する機会はまず訪れませんが、矯正歯科は普通の歯医者とどう違うのでしょうか。矯正歯科はその名の通り、歯列矯正に関する治療しか行わない歯医者です。普通の歯医者は虫歯や歯周病といった口の中の病気の治療がメインで、それらの治療に関しては矯正歯科はほとんどノウハウを身につけていませんが、矯正歯科の場合は、歯列矯正...
続きはコチラ

歯列矯正するタイミングは?

歯並びは様々な要因で変化しますが、歯並びが歪んだ状態のまま放置していると、ずっとその形のまま変わることはありません。歯並びが大きく歪んだままの状態が続くと、歯の一部に歯垢が溜まりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなるなど、様々な悪影響が現れるようになるので、矯正歯科などで歯列矯正を行うのがオススメです。歯列矯正を行うタイミングは、比較的自由が利くので、手遅れと思わず治療を行ってください。矯正歯科では幅広い年齢層の患者を治療しています。子どものころから歯列矯正を行う場合、乳歯と永久歯が入れ替わる少し前から始めるのが一般的で、乳歯が生えているうちに歯列矯正を行うことによって、次に生えてくる永久歯...
続きはコチラ

目立たない矯正器具について

子供の頃に歯科矯正をして、矯正器具が目立って嫌だったという経験がある人も少なくないでしょう。そして大人になって歯科矯正をする場合は、尚更、矯正器具は目立ちたくない、そう思うはずです。ではそんな人にオススメの、目立たない矯正器具について紹介します。「透明なマウスピース」マウスピースの矯正方法は、歯に直接矯正器具をつけずに、自分で取り外し可能なマウスピースを用いる方法です。マウスピースは、歯並びの変化に合わせて、2週間に1度のペースで交換していきます。外出中は外し、寝ている間だけつけるなど、他人には歯科矯正をしている事をバレずに治療を行えます。ただし、歯を大きく動かす必要がある場合には、マウスピー...
続きはコチラ

不正咬合の種類について

歯並びが悪いと、上下の歯の噛み合わせが悪くなるために、不正咬合と呼ばれます。そして不正咬合には、いくつかの種類が存在し、種類によって矯正治療の方法も変わってきます。では、どんな種類があるのか紹介します。「乱ぐい歯」とは、顎が小さいため歯がキレイに並ぶスペースがないために、歯が重なって凸凹な状態になってしまう事です。歯の治療としても、難易度が高く、治療には時間がかかってしまいます。逆に歯のスペースが余ってしまうケースもあり、この場合は歯と歯の間に大きな隙間が生じるため、「すきっ歯」と呼ばれます。「上顎前突」とは、上の前歯が通常よりも前に出ている状態で、出っ歯の事です。特に女性は出っ歯だとコンプレ...
続きはコチラ

八重歯に歯列矯正が必要な理由

笑顔になった時に、八重歯が見える。日本では八重歯は可愛いと、チャームポイントになる事も少なくありません。しかし欧米では、八重歯はマイナス要因で、就職や結婚にも不利になると言われています。そして日本でも、八重歯は可愛いから、放置していても大丈夫という訳ではありません。実は八重歯は健康的側面から見るとデメリットになる事が多いのです。例えば、八重歯があると歯磨きの際に磨き残しが出やすくなります。そのため、磨き残しが原因で、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。口臭や知覚過敏の原因にもなる可能性があります。また噛み合わせが悪いと、肩こりや頭痛、ホルモンバランスの乱れなど、健康を損なう可能性もありま...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る