矯正治療中の虫歯予防について

矯正治療中の虫歯予防について

矯正治療中は、数年単位で矯正器具をつける事も珍しくありません。
そして矯正器具をつける事で、虫歯のリスクが高まってしまいます。

 

だからこそ、矯正器具をつけている時は特に、虫歯にならないようにケアする事が重要だと言えます。
では自分で出来るホームケアの方法を紹介します。

 

まず歯磨きを1日3回、丁寧にブラッシングする事が基本となります。
矯正器具をつけていると、ブラケット、バンド、ワイヤーが歯の表に不規則についているので、非常に磨きにくく、磨き残しが生じやすいと言えます。

 

だからこそ、細かい部分まで磨く事が出来るように、ネックは細長いモノを選びましょう。
そして歯ブラシの毛が2層構造のブラシがお勧めです。
2層構造だと、長い毛と短い毛が同時に矯正器具の隙間に届くため、磨き残しが軽減されます。

 

他にも、歯磨きの効果を高めて、虫歯予防にも効果的なアイテムがデンタルリンスです。
デンタルリンスなら、液体なので、ブラケットやバンド、ワイヤーの隙間にまで届きます。

 

またデンタルリンスの選ぶポイントは、炎症予防成分が配合されているモノを選びましょう。
矯正器具をつけていると、歯茎が炎症を起こしたり、器具が頬に当たって口内炎が出来たりする事があるからです。

 

歯磨きをした後に、左右前後まんべんなく浸透するように、20秒のブクブクうがいが効果的です。
特に就寝中は、唾液の分泌が減少し、虫歯菌が繁殖しやすい時間帯なので、就寝前にデンタルリンスを使用する習慣をつけて下さい。

 

せっかく矯正治療で、歯並びがよくなっても、矯正期間中に虫歯になり、歯を失う事になったら意味がありません。
なので、矯正中は特に念入りに虫歯予防を行いましょう。

 

矯正治療について詳しく知りたいならこちらhttp://yui-oc.com/

関連ページ

矯正治療にかかる費用と期間
矯正治療にかかる費用と期間
矯正歯科の選び方は?
矯正歯科の選び方は?
矯正治療の痛みと対処法について
矯正治療の痛みと対処法について
矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?
矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療の流れについて
矯正治療の流れについて

このページの先頭へ戻る