矯正治療の流れについて

矯正治療の流れについて

矯正治療は期間がかかるという事は知っていても、どのような流れで治療を行うのか知らない人も多いでしょう。
なので、矯正治療の流れについて紹介します。

 

まず初診の段階では、歯並びを確認し、カウンセリングを行います。
カウンセリングの後に、本格的に歯並びや噛み合わせの確認を行います。
そして検査では、歯の矯正に必要な情報として、顔や口の中の写真、レントゲン写真、歯型を取ります。

 

そして歯の情報を元に、治療方針を提案し、治療期間や治療にかかる費用などを説明します。
それらの治療方針に不満がなければ、矯正治療を開始します。

 

ただし人によっては、検査の段階で虫歯や歯周病などの、歯のトラブルが見つかるかもしれません。
その場合は、矯正治療の前に、歯のトラブルを完治させておく必要があります。
歯や口腔内が、健康な状態になって、ようやく矯正治療を行う事が可能になります。

 

矯正治療では、矯正器具を装着します。
そして矯正器具が装着された状態で、歯の矯正が順調に進行しているかどうか、定期的に通院します。
通院の頻度は、半月〜1ヶ月に1度のペースで、通院の期間は、個人差がありますが3ヶ月〜3年程度の長期間に及びます。

 

矯正器具によって、予定通り歯が移動し、歯並びがキレイになったら、矯正器具を撤去します。
ただ撤去すると、今度は後戻りと呼ばれる症状が起こる可能性があります。
なので、後戻り予防として、1年前後は保定装置を使用します。

 

保定装置をつけている期間も、頻度は少なくなりますが、通院は必要です。
そして、保定装置の期間も終わり、取り外しても、後戻りせず、キレイな歯並びが安定したら、無事矯正治療は完了となります。

 

荒川区で矯正歯科をお考えならここがオススメです。http://www.cosmedental.net/

 

関連ページ

矯正治療にかかる費用と期間
矯正治療にかかる費用と期間
矯正歯科の選び方は?
矯正歯科の選び方は?
矯正治療の痛みと対処法について
矯正治療の痛みと対処法について
矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?
矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?
矯正治療中の虫歯予防について
矯正治療中の虫歯予防について
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療には、アフターケアが重要

このページの先頭へ戻る