歯列矯正するタイミングは?

歯列矯正するタイミングは?

歯並びは様々な要因で変化しますが、
歯並びが歪んだ状態のまま放置していると、ずっとその形のまま変わることはありません。
歯並びが大きく歪んだままの状態が続くと、歯の一部に歯垢が溜まりやすくなり、
虫歯や歯周病になりやすくなるなど、様々な悪影響が現れるようになるので、
矯正歯科などで歯列矯正を行うのがオススメです。
歯列矯正を行うタイミングは、比較的自由が利くので、手遅れと思わず治療を行ってください。

 

矯正歯科では幅広い年齢層の患者を治療しています。
子どものころから歯列矯正を行う場合、乳歯と永久歯が入れ替わる少し前から始めるのが一般的で、
乳歯が生えているうちに歯列矯正を行うことによって、
次に生えてくる永久歯が正しい位置から生えて来るようになります。
歯列矯正も専用の装具を使用するなど、歯に負担を掛けたり、
痛みを感じさせない治療が行えるので、
子どもの負担も考えると、歯列矯正は早めに行うほうが良いかもしれません。

 

歯列矯正は大人になってからでも行う事ができます。
寧ろ永久歯が生えてきた後の歯列矯正は、
完全に歯が生え揃ってからのほうが良いという意見も見られるので、
大人になってからでも歯列矯正を行う価値は十分あります。
大人になってからはワイヤーなどで歯を固定する方式が一般的ですが、
軽い歯並びの歪みならマウスピースを使う簡単なケアでも対応できます。
子どもから大人まで、幅広い年齢層に対応している矯正歯科ですが、
一般的な歯医者と比べて、矯正歯科は治療法の選択肢がより広く、
患者に合わせて様々な治療を行えます。
年齢を問わず治療できるのは一般の歯医者も同様ですが、
より広い選択肢を求めているなら、専門の矯正歯科を利用しましょう。
矯正に関するさまざまなことはこちらの歯医者に相談してみましょうhttp://www.candc-dental.com/

関連ページ

普通の歯医者とは何が違うの?
普通の歯医者とは何が違うの?
目立たない矯正器具について
目立たない矯正器具について
不正咬合の種類について
不正咬合の種類について
八重歯に歯列矯正が必要な理由
八重歯に歯列矯正が必要な理由

このページの先頭へ戻る