目立たない矯正器具について

目立たない矯正器具について

子供の頃に歯科矯正をして、矯正器具が目立って嫌だったという経験がある人も少なくないでしょう。
そして大人になって歯科矯正をする場合は、尚更、矯正器具は目立ちたくない、そう思うはずです。
ではそんな人にオススメの、目立たない矯正器具について紹介します。

 

「透明なマウスピース」マウスピースの矯正方法は、
歯に直接矯正器具をつけずに、自分で取り外し可能なマウスピースを用いる方法です。
マウスピースは、歯並びの変化に合わせて、2週間に1度のペースで交換していきます。
外出中は外し、寝ている間だけつけるなど、他人には歯科矯正をしている事をバレずに治療を行えます。

 

ただし、歯を大きく動かす必要がある場合には、マウスピースだけでは矯正を行う事は不可能です。
また寝ている間だけだと、装着時間が短いため、治療期間が長くなります。

 

「舌側矯正」は、通常は金属ブラケットを歯の表面につけて治療を行いますが、歯の裏側につける治療法です。
歯の裏側につけるため、他人からは金属ブランケットは見えません。
ただし、名称通り舌側にあるために、舌にあたりやすく強い違和感を感じます。
また歯の裏側の汚れがしっかり磨けなくなってしまうため、虫歯にならないようしっかり歯磨きを行う必要があります。

 

「透明ブラケット」は、通常銀色の矯正器具をつけるところに、透明の矯正器具を用いる方法です。
透明なので、目立たず、しかもそれ以外は、通常の矯正器具と変わらない矯正効果を得る事ができます。
しかし、上の2つの方法と比べた場合、やはり透明でもワイヤー部分は銀色なので、
全く他人バレないという訳にはいきません。
また銀色の矯正器具と比較した際には、費用が割高になってしまいます。

 

目立たない矯正器具もありますが、それぞれメリットもあれば、デメリットもある事を理解しておきましょう。
目立たない歯の治療を希望するならオーラルデンタルクリニック川崎へ

関連ページ

普通の歯医者とは何が違うの?
普通の歯医者とは何が違うの?
歯列矯正するタイミングは?
歯列矯正するタイミングは?
不正咬合の種類について
不正咬合の種類について
八重歯に歯列矯正が必要な理由
八重歯に歯列矯正が必要な理由

このページの先頭へ戻る