不正咬合の種類について

不正咬合の種類について

歯並びが悪いと、上下の歯の噛み合わせが悪くなるために、不正咬合と呼ばれます。
そして不正咬合には、いくつかの種類が存在し、種類によって矯正治療の方法も変わってきます。
では、どんな種類があるのか紹介します。

 

「乱ぐい歯」とは、顎が小さいため歯がキレイに並ぶスペースがないために、
歯が重なって凸凹な状態になってしまう事です。
歯の治療としても、難易度が高く、治療には時間がかかってしまいます。
逆に歯のスペースが余ってしまうケースもあり、
この場合は歯と歯の間に大きな隙間が生じるため、「すきっ歯」と呼ばれます。

 

「上顎前突」とは、上の前歯が通常よりも前に出ている状態で、出っ歯の事です。
特に女性は出っ歯だとコンプレックスになってしまい、矯正したいと思う人が多くなります。
下の前歯が前に出てしまう状態の事を「受け口」と呼びます。

 

「過蓋咬合」とは上の歯だけ見た場合、下の歯だけ見た場合では、歯並び自体に問題はありません。
ですが、上の歯と下の歯の噛み合わせが悪く、前歯が深く噛み込んでいる状態の事です。
前歯が噛みあわずに、隙間が空いてしまう状態を「開咬」といいます。

 

これらの症状に該当する人でも、現時点で日常生活に支障がないと思っているかもしれません。
ですが、不正咬合の人は、歯並びが綺麗な人と比較した際に、
将来圧倒的に歯を失う可能性が高いというデータがあります。
なので、できるだけ早いうちに、歯科矯正を行い、
歯を健康的な状態にする事が重要だと言えるでしょう。
子供の歯や移動しやすいため、子供のうちに矯正をする事がベストですが、
大人になってから矯正しても、まだ間に合います。

 

目立たない矯正器具が気になっている人は、にいむら歯科医院まで

関連ページ

普通の歯医者とは何が違うの?
普通の歯医者とは何が違うの?
歯列矯正するタイミングは?
歯列矯正するタイミングは?
目立たない矯正器具について
目立たない矯正器具について
八重歯に歯列矯正が必要な理由
八重歯に歯列矯正が必要な理由

このページの先頭へ戻る