矯正治療の痛みと対処法について

矯正治療の痛みと対処法について

矯正治療の痛みとは、虫歯治療の痛みとは、種類の違う痛みです。
では矯正治療の痛みとは、どのような痛みなのか紹介していきます。

 

まず矯正治療の痛みのピークは、矯正器具をつけた直後ではなく、翌日です。
矯正器具で、歯並びを整えるために、負荷がかけられています。
そのため歯の移動に伴う痛みなので、決して矯正治療が失敗したから痛いという訳ではありません。
むしろ、歯が矯正されてキレイになるために、頑張っていると思って下さい。

 

そして矯正器具を付けた翌日の痛みがずっと続く訳ではありません。
2〜3日程度ピークが続き、その後1週間程度で痛みはほとんど感じなくなります。

 

逆に1週間経過しても、痛みがなくならない場合は、矯正器具が口内に当たっていて痛いなど、矯正器具が合っていない可能性があります。
もう一度歯科医院で、矯正器具を確認してもらう事をお勧めします。

 

では次に、矯正器具をつけた翌日から2〜3日間続く、痛みのピークの対処法について紹介します。
まず矯正治療を行った歯科医院で、痛み止めが処方されます。
痛みは我慢せずに、処方された痛み止めを飲むと、痛みが和らぎ楽になります。

 

 

 

そして矯正器具の素材によって異なりますが、冷えると柔らかくなる素材のワイヤーを使っている場合は、冷たい水を飲みましょう。
口の中を冷やすと、痛みが一時的にですが和らぎます。

 

先ほど矯正器具が口内に当たっていたいという例を紹介しましたが、頬を保護する方法もあります。
口内で使用できる半透明のワックスを矯正器具に塗っておくと、頬が保護されて口内炎が出来にくくなります。

関連ページ

矯正治療にかかる費用と期間
矯正治療にかかる費用と期間
矯正歯科の選び方は?
矯正歯科の選び方は?
矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?
矯正治療は抜歯と被抜歯のどっちがいいの?
矯正治療中の虫歯予防について
矯正治療中の虫歯予防について
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療のカウンセリングの重要性
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療には、アフターケアが重要
矯正治療の流れについて
矯正治療の流れについて

このページの先頭へ戻る